ワインショップ、イーエックス[eX-WINE]は、栃木県足利市、ココファーム・ワイナリーの「通信販売」と「情報発信」をするサイトです。

AM10時までのご注文・ご入金で即日発送いたします!

カートを見る
ワイン・ショップ、イーエックス

ワイン・ショップ、イーエックス > ワインコラム > 栃木県足利市、ココファーム・ワイナリー

おすすめワイン特集

月例ワインセット

毎月第一水曜日更新!
ソムリエ厳選ワインセット

上半期ランキング

人気ワインをカテゴリー別に
ランキングで発表!

品種別ワインセット

ソムリエ資格試験対策に最適
情野ソムリエの模範解答付き

イーエックス厳選セット

イーエックスで大人気の
オリジナルワインセットが勢揃い!

ボジョレー予約受付中

解禁日当日にお届け!
先行予約受付中です

スパークリング特集

とことん美味しさにこだわった
スパークリングワインが大集合!

デイリーワイン特集

毎日飲むから美味しくないと!
2,000円以下のワインを厳選

贅沢ワイン

贅沢なひとときを演出する
特別なワイン

一万円以下の特級

1万円以下で買える
特級ワインを厳選しました

シャンパーニュ特集

世界中で愛される、
世界で最も華やかな飲み物

ワインギフト

ご贈答にぴったりなワインを
イーエックスが厳選しました

ワイン生産者特集

情熱を持って美味しいワイン
を造る 生産者たち

ワインコラム

プロたちが集結した
イーエックスのワインコラム

ワインランキング
ワインランキング第1位
ワインランキング第2位
ワインランキング第3位
ガストロノミーク 15
ガストロノミークimg ココファーム・ワイナリーimg

 

■栃木県足利市、ココファーム・ワイナリー

前回、日本のワインをテーマに話をさせていただきましたが、思いがけず多くの方から反響をいただき、何とも嬉しいかぎりです。やはり多くの方々が日本のワインに興味を持ち始めているのだと実感しました。

前回の最後にマスカット・ベリーAの話をしましたが、今回の最初に紹介するワインもマスカット・ベリーAが主体の赤ワインです。他にブラック・クイーン種を10%だけ加えています。トップバッターのワイナリーは栃木県足利市のココ・ファーム・ワイナリー。

ここは 『こころみ学園』 という特殊学級の生徒たちがワイン造りに携わっているワイナリーで、彼らの働く場として1958年に解説されました。1984年には醸造所も造られ、本格的なワイン造りが行われています。

沖縄サミットでも使われた 『NOVO』 というスパークリングワインをはじめ、 『夜明けの歌』 の意味を持つ 『Aubadeオーバード』 の白と赤ワインや、今回テイスティングした 『第一楽章』 など品質の高いワインばかりです。

ワインメーカーはカリフォルニアのナパ・ヴァレー出身の方で、 『第一楽章』 は天然酵母で発酵後、フレンチオークで熟成させた、少しモダンなタイプのマスカット・ベリーAに仕上がっています。

やはり色調は濃く、ベリー系のジャムの香りに、このぶどう特有のお芋系の甘い香り、 『岩の原ワイン』 で感じたような、紅イモやサツマイモのホクホクとした印象です。樽熟成の影響で、皮がパリッと焦げたニュアンス。口に含むと、とても優しく、ソフトな口当たりで、きめ細かいタンニンと、しなやかな酸味を持っています。非常にバランスのよい赤ワインです。バーベキューや照り焼きなどの甘じょっぱいイメージの味付けの料理に合いそうです。照り焼きチキンやハンバーグが食べたくなります。

 

■私の生まれ故郷でもある、長野県産のワイン

ST.COUSAIR WINERYサンクゼール・ワイナリー

まず最初は、細長い長野県の北に位置します、斑尾高原農場のST.COUSAIR WINERYサンクゼール・ワイナリーです。このワイナリーは私の実家から車で30分から40分の場所にあり、創業は1979年ですが、私が訪れたのは80年代の中頃以降だったと思います。

日本で見た初めての垣根仕立てのぶどう畑で、とても感動したことを今でも鮮明に覚えています。当時はまだ木が細く、低い若木でした。ワインとしては、樽のニュアンスが強かったようですが、樹齢が10年以上経った今では、とてもバランスの良い味わいに仕上がっています。

ここはもともと果樹園の多いエリアで、リンゴの栽培も盛んに行われています。気候にも土壌的にもフルーツの栽培に適しているのだと思います。今回テイスティングした 『シャルドネ1999』 は、100%自社畑産のぶどうで、樽発酵、樽熟成をさせたワインです。新樽率は50%程で、控えめに仕上げています。

まさにリンゴの蜜! という印象で、全体におだやかな印象の白ワインです。酸味はやさしく心地良く、全体的にはまろやかな感じの白ワインです。このワイナリーでは、他にカベルネ・フランやメルローなども栽培されているようです。私の地元のワインということで、とても応援したいワイナリーのひとつです。

地元の山薬料理や川魚などの塩焼きに合いそうですし、豚肉や鶏肉などのあっさりとした料理にも合いそうです。イメージ的には胡麻や味噌で味付けをした料理で……。 長野県は古くから信州(しんしゅう)・信濃(しなの)と呼ばれていますが、その北側の長野県周辺を善光寺平(だいら)といい、それを囲むような山々を含めて 『北信(ほくしん)』 と呼んでいます。

小布施ワイナリー

次に紹介する小布施(おぶせ)町も北信の一部に入ります。信濃川(しなのがわ)に流れ込む菅平(すがだいら)や志賀高原から雪解けの水を運ぶいくつかの川が扇のような扇状地を形成し、その斜面を利用して、ぶどうをはじめ、リンゴ、アンズなどの果実が栽培されています。中でも小布施は栗の里として知られています。

小布施ワイナリーは創業1942年で曽我善雄氏が興し、2代目の彰彦氏が現在、栽培・醸造責任者を担当しています。曽我彰彦氏は、ヴォーヌ・ロマネの 『Domaine du Clos Frantin(ドメーヌ・デュ・クロ・フランタン)』 やシャブリの 『Domaine Long Depaqui(ドメーヌ・ロン・デパキ)』 で修業。帰国後、垣根仕立てによる国際品種を中心とした栽培に力を入れています。

今回のテイスティングでは、あえて長野の土着品種、善光寺竜眼100%で造られた 『VIN de Paille(ヴァン・ド・パイユ)』 と呼ばれる遅摘み陰干しワインを選びました。

この品種はどちらかというと地酒的なお土産ワインという印象が強いのですが、ボトルの外観といい、ワインそのものといい、とてもアカ抜けていて、まさにこれぞ国際基準だと思います。

アプリコットやリンゴのジャムのような香りや、ドライフルーツのニュアンも感じられ、甘さの中にきちんと酸も残っているので、エレガントな甘口ワインに仕上がっています。この土地の栗かなこや栗ようかんなどの和菓子に合いそうです。

このワインの他にも、様々な国際品種を試み成功させていますが、中でもピノ・ノワールやサンジュヴェーゼ、シラー、ピノ・グリなど、今までの日本にない品種でも、ワイン造りが行われています。とても興味深いですね。

 

■北信地区のワインをもう一種類

『Chateau Mercian(シャトーメルシャン)北信Chardonnay 1999』 。

ぶどう畑は小布施の少し南側に位置する須坂・盪鈎篭茲反濃川をはさんで反対側の豊野地区の契約栽培農家で、収穫されたぶどうは、すぐに勝沼(山梨)まで運ばれ、醸造されます。この北信シャルドネもとても評価が高く、数々の賞に入選しているワインのひとつで、樽発酵、バトナージュ、そして樽熟成とフランスのブルゴーニュなどで行われているのと同じワイン造りで、特にメルシャンはこのバトナージュの元祖でもあるシュール・リーに関しては、日本での先駆者で、甲州シュール・リーというワインでも良く知られています。

「シュール・リー」はオリの上という意味。オリの上でワインを静かに熟成させ、オリの中にある酵母がアミノ酸に変わったところで、その旨味成分をワインに抽出させる方法です。バトナージュとは、そのオリを更にかくはんさせ、より多くの旨味を抽出するというもの。イーストやビスケットの香りがワインには備わり、酒質が強くなり、旨味のあるコクをもったワインに仕上がるわけです。

この北信シャルドネもそういった要素を含んでいます。酸味はやわらかですが長い余韻として最後まで残り、後味にしっかりとした旨味を感じます。子供の頃に竹の子を取りに良く山に出掛け、その夜必ず 『竹の子汁』 を母親が作ってくれたのですが、味噌仕立てで、鯖缶が入っていたと思います。北信シャルドネを飲むといつもあの味を思い出します。

脂の乗った鯖と竹の子の香ばしさが、このワインの持つ風味にとてもよく似ているのです。

マンズワイン小諸(こもろ)ワイナリー

では次は同じ長野県の東信地区のマンズワイン小諸(こもろ)ワイナリーです。 長野県内で、上田、小諸、そして軽井沢あたりのことを東信と呼んでいます。中信の塩尻周辺と並んで日本でも降雨量の少ない地域ですが、それでもヨーロッパに比べるとまだ特に大切な夏に雨が多く、ヨーロッパ系のぶどう栽培に適している垣根栽培もリスクが多いとされてきましたが、この小諸ワイナリーが開発したレインカット方式により、日本の多くの畑で垣根栽培が成功しています。

その方法というのは、巻き取り式のビニールシートを垣根にそってちょうど傘のように必要な時だけ掛ける、車でいうオープンカーのようなシステムです。やはり15年程前にこのワイナリーに見学に行ったときに、このレインカットシステムを見てとても感動したのでした。

テイスティングワインは、 『SOLARIS(ソラリス)小諸シャルドネ1995』 で、北信シャルドネと同じく樽仕込みえす。こちらのワインの方が、色が濃く少しニューワルド的なトロピカルフルーツの香りと樽から香ばしい香りがバランスよく溶け込んでいます。

小諸ワイナリーは、浅間山麓にあり、ゆるやかなヨーロッパのような丘陵地帯が広大に続いています。浅間山というとあの浅間山荘事件を思い出す方も多いと思いますが冬はとても冷涼で、夏でも夜になると少し涼しいぐらいです。先程もふれましたが、日本の中でも雨が少ない地域という事と、昼夜の寒暖差など気候条件がとてもワイン造りに向いているようです。


前回からシリーズでお送りしている『日本のワイン』ですが、次回は第3回目として長野の中信地区と山梨県に舞台を移してお送りしようと思います。どうぞお楽しみに。

送料無料
会員だけの特典いっぱい!

▼マイページログインはこちら▼

メールアドレス(会員ID)
パスワード※お忘れの方はこちら
会員特典
送料について
お支払い方法
保管方法
注文の仕方
メールマガジンご登録はこちら
検索

地域

タイプ

Vt

価格範囲

キーワード

ギフト特集
ルロワ
マルセル・ダイス
ドメーヌ・ルフレーヴ
オレンジワイン
デイリーワインセット
飲み頃ワイン
シャブリ
ヴォーヌロマネ

イーエックス・ワインについて

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)は、バーガンディ株式会社が運営するオンラインショッピングサイトです。

会社概要
通信販売法に基づく表示

バーガンディ株式会社
〒135-0034
東京都江東区永代2-8-6
TEL:03-5875-8852
FAX:03-3643-6987

お問い合わせフォーム

個人情報の取扱について

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)では、お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるよう、お客様の個人情報の取扱に細心の注意を払っております。

個人情報保護方針
個人情報保護の取り組み

お支払い方法について

以下よりお選びいただけます。

代金引換払い
クレジットカード払い
お支払い方法について
後払い(コンビニ)
コンビニ払い(先払い)
銀行振り込み(先払い)
お支払い方法について

セキュリティについて

個人情報の保護のため、万全のセキュリティ体制を整えております。セキュリティへの取り組みをご理解いただき、安全にインターネットショッピングをお楽しみください。

お届け時間について

お届け時間指定を下記よりお選びいただけます。時間指定をご希望の方はご利用ください。

お届けについて

「代金引換払い(代引き)」「後払い」を除き、ご決済(ご入金)確認後の発送とさせていただいております。予めご了承下さいませ。

送料について
facebook

カスタマーサポートお問い合わせ会社概要サイトマップ

Copyright(C)eX-WINE.All Rights Reserved.