ワインショップ、イーエックス[eX-WINE]は、ピノ・ノワールの故郷、ブルゴーニュの造り手の「通信販売」と「情報発信」をするサイトです。

AM10時までのご注文・ご入金で即日発送いたします!

カートを見る
おすすめワイン特集

月例ワインセット

毎月第一水曜日更新!
ソムリエ厳選ワインセット

上半期ランキング

人気ワインをカテゴリー別に
ランキングで発表!

品種別ワインセット

ソムリエ資格試験対策に最適
情野ソムリエの模範解答付き

イーエックス厳選セット

イーエックスで大人気の
オリジナルワインセットが勢揃い!

ボジョレー予約受付中

解禁日当日にお届け!
先行予約受付中です

スパークリング特集

とことん美味しさにこだわった
スパークリングワインが大集合!

デイリーワイン特集

毎日飲むから美味しくないと!
2,000円以下のワインを厳選

贅沢ワイン

贅沢なひとときを演出する
特別なワイン

一万円以下の特級

1万円以下で買える
特級ワインを厳選しました

シャンパーニュ特集

世界中で愛される、
世界で最も華やかな飲み物

ワインギフト

ご贈答にぴったりなワインを
イーエックスが厳選しました

ワイン生産者特集

情熱を持って美味しいワイン
を造る 生産者たち

ワインコラム

プロたちが集結した
イーエックスのワインコラム

ワインランキング
ワインランキング第1位
ワインランキング第2位
ワインランキング第3位
セイノズスコープ 09
セイノズスコープimg ブルゴーニュの造り手img

 

■ピノ・ノワールの故郷、ブルゴーニュの造り手

寒くなりましたねー。皆さんはどんな風に冬を過ごしていますか? 冬といえば雪、雪といえばスキーやスノーボード。ソリ遊び。雪と戯れますよね。僕もスキーが好きなのですけど、この頃はサッパリ行かなくなりました(子供も小さいし……)。

先日イーエックス・メールマガジンでスキーに合うワイン特集が組まれていましたが、僕は必ずシェリーを持っていきます。シェリーも辛口の軽やかなフィノ・タイプがいいでしょう。

そのシェリーをゲレンデのリフト乗り場の近所に埋めておいて、スキーの最中にゴクゴク喉の乾きを癒します。 『くーっ、これがまたいいんですーっ』 あの乾いた美味い空気との組み合わせ。シェリーってやっぱり美味い! なんて改めて思います。

昼飯のレストランでも楽しめます。持ち込みはまずいところもありますからお気をつけて。蔵王スキー場の醤油玉こんにゃくとシェリーの組み合わせは絶品でした。皆さんもぜひお試しあれ。

ってなことで、シェリーはまたの機会にして、前回の続きピノ・ノワールのお話です(いや、今回前置き長いですね)。

 

■ブルゴーニュの黒ぶどう、ピノ・ノワール

ブルゴーニュのワインは同じピノ・ノワール種から造られても村ごとに味が違います。また、同じ村でも畑によって微妙に違います。これをテロワールの違いと簡単にかたづけられてしまうのがブルゴーニュです。

ジュヴレ・シャンベルタンとヴォーヌ ロマネはどう違うの? ロマネ・コンティとラ・ターシュはどう違うの?

簡単なようでもなかなか難しいもので、この答えをしっかりと説明しきれる人はいるのかどうか……。どうでしょう? 説明するとなると、味わいの違いを説明すればいいと思いますので、まずは『情野流 ピノ・ノワールでワインを産出する村の特徴』をお教えしましょう。

 

■ブルゴーニュ・村の味わいの特徴

【コート ド ニュイ Cote de Nuits】

ブルゴーニュの北側の部分。小さな丘の連なりで、東・南むきの斜面のぶどう畑が多く、グラン・クリュ(特級のワイン)を多く産出しているエリア

●Marsanney マルサネ

1987年にAOCに昇格。ロゼが有名。味わいは全体的に軽やか。

 

●Fixan フィクサン

土壌的には南のジュヴレ・シャンベルタンに似ている。バランスの取れた味わい。

 

●Gevrey Chambertin ジュヴレ・シャンベルタン

酸化鉄を多く含んだ粘土質土壌のため、ぶどうの成熟が早く、スパイーシーでタンニン分が豊富。

 

●Morey St Denis 

モレ・サン・ドニ 果実味が多くフルーティな味わい。ジュヴレ・シャンベルタンからタンニン分を少なくした感じ。

 

●Chambolle Musigny シャンボール・ミュジニー

酸味が豊富で渋味が少なく、エレガントな仕上がり。『女性的』と表現されることが多い。

 

●Vougeot ヴージョ

タンニンが豊富でヴォリュームがある。村名のワインが少なく逆に売っていない。

 

●Vosne Romanee ヴォーヌ・ロマネ

酸味とタンニンと果実味のバランスが良い。

 

●Nuits St Georges ニュイ・サン・ジョルジュ

タンニンというよりむしろ果実味が豊富な味わい。

 

【コート ドゥ ボーヌ Cote de Beaune】

ニュイのすぐ南から続く生産地域。粘土石灰質土壌はピノ・ノワール、石灰質土壌はシャルドネに分けて植えられ土壌は数種が入り混じっている。 多くの白ワインが産出されており、ボーヌ地区の生産量の25%を占めています。赤ワインはニュイの重厚さに比べ、ボーヌでは果実味が豊かです。

●Aloxe Corton アロース・コルトン

バランスがよくヴォリュームがある。

 

●Pernand Vergelesses ペルナン・ベルジュレス

酸がしっかりありスマートな仕上がり。

 

●Savigny Les Beaune 

サヴィニ・レ・ボーヌ 酸味があるので軽やかでエレガント。あまり渋くない。

 

●Chorey Les Beaune ショレイ・レ・ボーヌ

軽やかな味わい。

 

●Beaune ボーヌ

果実味が強く、鉄分を感じされるタンニン分が多い。

 

●Pommard ポマール

しっかりしたタンニン分がありマスクラン(男性)的な味わい。

 

●Volnay ヴォルネイ

若くても熟成した枯葉のような香りがあり、果実味のバランスが良い。

 

●Montelie モンテリー

スレンダーで華奢なイメージ。

 

●Chassagne Montrachet シャサーニュ・モンラッシェ

果実味があり軽やかな味わい。

 

●Santenay サントネー

比較的果実味が豊かでヴォリュームがある。

 

【コート・シャロネーズ Cote Chalonnaise】

土壌的には北のボーヌと同じだが、1791年に行政県でコート・ドール県から切り離されたためにあまり目立たない。ボーヌ産のものと同様に果実味が多く溢れ、値ごろ感が高い。

 

【マコネ Maconnais】

黒ぶどうはガメイ種が22%、ピノ・ノワール種が7%と圧倒的に白ワインの産地と言えそうです。 大体こんな感じになります。 この村々にある畑はワインの村名+畑名になります。従ってワインの格がただの村名のものより上がるので、味わいや香りに凝縮した感じが増えます。同時に値段も高くなりますが。

 

■分かりやすくまとめましょう

ブルゴーニュのワイン名を格が低いもの(=大きなエリア)から順にあげると、

 

1. ブルゴーニュ

   大きい産地名のワイン

 

2. コート・ド・ニュイ

   ブルゴーニュを分ける産地名ワイン

 

3. ジュヴレ・シャンベルタン

   村名ワイン

 

4. ジュヴレ・シャンベルタン・カズティエ

   1級畑のワイン

 

5. シャンベルタン

   特級ワイン  ※特級ワインは村名が要らない。

となります。

これが簡単なブルゴーニュアウトルックになります。 結構ややこしいけど、これにも増してもっと複雑なことがあります……。

 

■ブルゴーニュを分かりずらくするもの

よくお客さまに『ボルドーは分かりやすいけど、ブルゴーニュは難しい』と言われます。なぜならブルゴーニュを語る上で最も重要なのは造り手で、ワイン名はその次になります。例えば、 『昨日ポンソのシャンべルタン飲んだ』とか、 『DRCのモンラッシェは美味かった』 など必ずワインの造り手が会話に入ってきます。これはワインの質は造り手しだいということに由来しているのです。

同じコーラでもコカ・コーラとペプシ・コーラは味が違いますよね。

逆に造り手の名前を知るようになると、今度はドップリとブルゴーニュ・ワールドに漬かってしまいます。でもいい造り手は生産量も少なく、当然値段も高いので懐具合を気にしなければいけません。

 

■もちろん造り手もさまざまです

大きく分けてドメーヌとネゴシアンに分けられます。 ドメーヌはぶどう栽培からワイン造り、そして瓶詰めまで行い、ネゴシアンは栽培家からぶどうを買ってきて、ワインを作り瓶詰めを行います。

そうなるとドメーヌの方が価格も格も上になるのですが、もちろん素晴らしいネゴシアンもたくさんあります。

僕も一通りいいドメーヌのワインは飲まして頂きましたが(ほとんどゴッツァン系ですけど)やはりいい造り手のワインは一味違います。

 

■情野お勧めのカルト・ドメーヌ ―ニュイの赤編―

Domaine Leroy

ドメーヌ・ルロワ

 

Domaine de La Romanee Conti

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ

 

Domaine Comte George Vogue

ドメーヌ・コント・ジョルジュ・ヴォギュエ

 

Domaine Dujac

ドメーヌ・デュジャック

 

Domaine Henri Jayer(1988年に引退)

ドメーヌ・アンリ・ジャイエ

 

■情野風いいワインと呼ばれるピノ・ノワールの感じ方

1.香り

基本的に赤いフルーツと森の下草や、やや湿った土の香りが複雑に入り交ざっていますが、やや赤いフルーツの印象は強いかもしれません。また湿った土の香りが濡れ雑巾のように感じる人もいて、一概にいい香りとはいえませんが、これを『ムンムンした香り』といって愛好家を喜ばします。

 

2.味

口に入れると、あんまり味が強くなく『んッ!?』と思うやいなや、怒涛のように果実味そして酸味が広がり、その後にスパイスのような香りがたち、後半になるにつれムンムンする香りが広がり、余韻に不雑なほどの果実やスパイス腐葉土の香りが残り、余韻の長さもメチャ長く、ほんとうに凄いと思わざるを得ません。

こんなワインは一年に一回楽しむとして(……毎晩なんて飲めません)。

ブルゴーニュは造り手から楽しむもよし、村の違いを楽しむのも良し、色々な楽しみがあります。 結構楽しめるのが、村名ワインのブラインド・テイスティングです。

ラベルを見ちゃうとついついイメージがわいてしまうもので、村の個性や自分の好みがはっきりしません。一度ずらーっと北から南まで並べて飲んでみると微妙な味の違いや好みがわかりますので、ぜひお勧めです。

その後に気に入った村の造り手のワインをじっくり飲むというのがブルゴーニュの上手な飲み方かも知れません。

また今回のセイノズ・スコープを記念し(勝手に)、特別にイーエックス・ワインの永野社長に、同じドメーヌの村名のワインをセットで販売していただけるようお願いいたしたので、ブルゴーニュを語りたい方や、気の向いた方はどうぞワイン会やパーティーでご利用ください(スキーのゲレンデには持ち込まないでね)。

僕のカフェは短くて読みやすいとの評判でしたが、今回は長くてすみませんでした。あまり会社で読みすぎて回りから白い眼で見られないようにしてください。 それではまた来月、次は「ブルゴーニュ白ワイン編 ―美味い白ワインの条件ってなに?―」をお送りする予定です(うわっ!今度も長そう……)。

送料無料
会員だけの特典いっぱい!

▼マイページログインはこちら▼

メールアドレス(会員ID)
パスワード※お忘れの方はこちら
会員特典
送料について
お支払い方法
保管方法
注文の仕方
メールマガジンご登録はこちら
検索

地域

タイプ

Vt

価格範囲

キーワード

ギフト特集
ルロワ
マルセル・ダイス
ドメーヌ・ルフレーヴ
オレンジワイン
デイリーワインセット
飲み頃ワイン
シャブリ
ヴォーヌロマネ

イーエックス・ワインについて

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)は、バーガンディ株式会社が運営するオンラインショッピングサイトです。

会社概要
通信販売法に基づく表示

バーガンディ株式会社
〒135-0034
東京都江東区永代2-8-6
TEL:03-5875-8852
FAX:03-3643-6987

お問い合わせフォーム

個人情報の取扱について

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)では、お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるよう、お客様の個人情報の取扱に細心の注意を払っております。

個人情報保護方針
個人情報保護の取り組み

お支払い方法について

以下よりお選びいただけます。

代金引換払い
クレジットカード払い
お支払い方法について
後払い(コンビニ)
コンビニ払い(先払い)
銀行振り込み(先払い)
お支払い方法について

セキュリティについて

個人情報の保護のため、万全のセキュリティ体制を整えております。セキュリティへの取り組みをご理解いただき、安全にインターネットショッピングをお楽しみください。

お届け時間について

お届け時間指定を下記よりお選びいただけます。時間指定をご希望の方はご利用ください。

お届けについて

「代金引換払い(代引き)」「後払い」を除き、ご決済(ご入金)確認後の発送とさせていただいております。予めご了承下さいませ。

送料について
facebook

カスタマーサポートお問い合わせ会社概要サイトマップ

Copyright(C)eX-WINE.All Rights Reserved.