ワインショップ、イーエックス[eX-WINE]は、聖なる山「モンサント」の「通信販売」と「情報発信」をするサイトです。

AM10時までのご注文・ご入金で即日発送いたします!

カートを見る
おすすめワイン特集

月例ワインセット

毎月第一水曜日更新!
ソムリエ厳選ワインセット

上半期ランキング

人気ワインをカテゴリー別に
ランキングで発表!

品種別ワインセット

ソムリエ資格試験対策に最適
情野ソムリエの模範解答付き

イーエックス厳選セット

イーエックスで大人気の
オリジナルワインセットが勢揃い!

ボジョレー予約受付中

解禁日当日にお届け!
先行予約受付中です

スパークリング特集

とことん美味しさにこだわった
スパークリングワインが大集合!

デイリーワイン特集

毎日飲むから美味しくないと!
2,000円以下のワインを厳選

贅沢ワイン

贅沢なひとときを演出する
特別なワイン

一万円以下の特級

1万円以下で買える
特級ワインを厳選しました

シャンパーニュ特集

世界中で愛される、
世界で最も華やかな飲み物

ワインギフト

ご贈答にぴったりなワインを
イーエックスが厳選しました

ワイン生産者特集

情熱を持って美味しいワイン
を造る 生産者たち

ワインコラム

プロたちが集結した
イーエックスのワインコラム

ワインランキング
ワインランキング第1位
ワインランキング第2位
ワインランキング第3位
Siamo gia in autunno! フィレンツェ 05

 

Siamo gia in autunno! (もう秋です)

外はすっかり涼しくなり、あんなに元気だったベランダのバジリコも夜に表に置いておくとかわいそうなくらい、そして軽い上掛け無しでは到底眠れないくらい涼しくなっています。

街の張り紙にきのこだの栗だののお祭りのお知らせが目に付くようになってきたトスカーナから10月号です。


【目次】

1.今月のトスカーナの畑より

2.聖なる山「モンサント」へ

3.あなたの食いしん坊度、調べましょう!

4.フィレンツェより街のトピックス

   ●イタリアから祭り情報

   ●ちょっとだけ2001年セリエA情報!

   ●アメリカ同時テロの影響

   ●ミラノ観光予定の方に

    ・光の採点!?

    ・これは逃すな! 展覧会情報

5.ソムリエ協会で勉強すること

 


【1】今月のトスカーナの畑より


■今月は少し最近のトスカーナの傾向を書いておきましょう

トスカーナ州にはスーパー・トスカーナと呼ばれるワインがあります。テーブルワインクラスながらも、価格も味わいもスーパーだというものです。

また、造り手もこれを意識していて、「これがうちのスーパー・トスカーナだよ」なんていう説明も良く聞きます。

このスーパー・トスカーナは前回のアンティノリのコラムでも説明しましたが、キャンティなどの国が味わいを補償するワイン(DOCGというクラスのもの)の名前をつけなくとも、自分は美味しくてすごいワインが造れるという意気込みから造られました。

スーパー・トスカーナその意気込みがトスカーナ全般に行き渡り、今ではたくさんのワイナリーが外国系のカベルネ・ソーヴィニョンやメルローなどのぶどう品種を用いてこのスーパー・トスカーナを造るようになりました。

EU統合を目前にしたイタリアでは、前回の山本ソムリエのコラムでも登場したスローフードなど、自分たちの(ワインに限らず)伝統を守ろうという運動が盛んになっています。

トスカーナ・ワインの世界も同様に、自分たちの昔からのぶどうを培っていかないと、「いずれ自分たちのぶどうが全部外国産のものになり、文化がなくなってしまう」と言っています。

さらにこのスーパー・トスカーナの影響で「ワインの価格が質にともなわないほど高騰している」とも言われています。

そこでいくつかの生産者の中には、

「自分たちの伝統あるワインですごいものを造ろう!」

「(特にキャンティ・クラシコですが)スーパー・キャンティ・クラシコを造ろう」

という造り手が増えてきています。困ったことに価格までスーパーになりそうですが……。

これからもスーパー・トスカーナは年々増えていくと思いますが、これからのキャンティ・クラシコがどうなっていくのかも目の離せないところとなっています。

 

■それでは畑情報です

先にも書きましたが、トスカーナはすっかり秋の気配です。白ぶどうの収穫はすっかり終わり(もし残っているとすればビン・サント用のぶどうでしょうか)成熟の早い黒ぶどうの収穫が始まっています。

ワイナリーの方から教わった簡単なぶどうの成熟度合いの見分け方をご紹介しましょう。

ぶどうの成熟度合いの見分け方木になっているぶどうを一粒取って見ます。粒をとった枝から染み出る液とぶどうの粒を見ます。粒は木からはずしたところに穴が開いています。少しぶどうをもんで、そこから出てくる汁を見てみましょう。これらの液がより濁ってピンクがかっていれば成熟度が高いということです。

どんな果物でも同じですが、揉んでみてまだ硬いのは成熟しきっていないということです。


収穫このことを教わってから、畑に行くごとにぶどうを一粒とっては揉んでいることは言うまでもありません……。

気候の方はというと、9月10日頃より雨が続いています。この雨により収穫を見合わせているところも多いようです。

先月も書きましたがイタリアは今、収穫の人手不足に悩ませられています。その上天候が不安定で、いつもより収穫に余計な時間がかかっています。


サンジョベーゼの収穫造り手の中には収穫するスピードが遅いために天候がもっと崩れてぶどうがやられないかと、とても心配している方もいます。グロセットに近いエリアでは9月の初旬から収穫が始まっていますが、この雨で一日おきに収穫をしているところもあります。

※雨が降るとぶどうの房にしずくがついて、ぶどうを絞った時に水で薄まってしまうので振った直後は収穫をしないのです。

キャンティ・クラシコのエリアでは、サンジョベーゼの収穫は1週間から2週間ほど、特に北のエリアにもなるとまだ2週間は待たなければならないようです。ぶどうの出来についてはトスカーナ全般で中から上の出来。

もう少し、神様とのにらめっこは続きそうです(9月23日)。

キャンティの収穫


10月2日ついにキャンティのぶどうの収穫が始まりました。まだまだサンジョベーゼの出来はなんともいえませんが、9月下旬の長雨がたたり質を落としてしまっった所もあるようです。サンジョベーゼはこれからが本番です。(10月2日現在)。



 


【2】聖なる山「モンサント」へ!


■さあ、今回もドライブです

聖なる山「モンサント」

いつものようにフィレンツェ・チェルトーザICからシエナ行きの高速に乗ります。あっ、行き先を言っていませんでした。行き先は「聖なる山」です。高速をシエナの一つ手前のポッジボンシ北で降りてバルベリーノ・バル・デルサ方面に進みます。

ロータリーを出た後すぐ右側にモンサントという街への標識があります。目的地はここですので右に曲がり山を登っていきましょう。

このモンサントという街の名前の由来は「Monte Santo(モンテ・サント)」だそうで、これが聖なる山という意味なのです。昔の人たちがこの小高い山を聖なる山として教会を造り、そこに街(というか集落)が出来たそうです。


ラウラさん今回の訪問先はこの街にどっかりと城を構える「Castello di Monsanto(カステッロ・ディ・モンサント)」です。案内してくれたのはオーナーのFabrizio Bianchi(ファブリツィオ・ビアンキ)さんの娘さんのLaura(ラウラ)さんです。

ラウラさんによるとこの街は人口約100人ほどで、ほとんどが親戚にあたり、そうでない人ももちろん知り合いで、知らない人がいないとか!


白い犬のチャックそれではワイナリーを紹介していきましょう。ワイリーで最初に歓迎してくれたのが白い犬のチャックです。

吼えることもなく人懐っこく、「初めまして」と足元に寄って来て挨拶してくれました。ワイナリーは周りをすべてぶどう畑とオリーブの木に囲まれた小高い山の上にあります。

彼らがこの地に来たのは1961年のこと、サンジミャーノ出身のラウラさんの祖父のAldo(アルド)さんが購入、その後お父さんのファブリツィオさんがワイナリーを大きくしていきました。

城を囲む畑は70ヘクタール(購入当初は5ヘクタールだったそうです)、約30ほどの畑からなっています。

城を囲む畑は70ヘクタール醸造所へ

ちょうど収穫されたぶどうが醸造所に運ばれてきているところでした。規模は大きい方のワイナリーなのに、除梗機(ぶどうの茎を取ってつぶだけにする機械)は意外と小さめでした。せっかく取れたぶどうが傷つかないように人の目を使いながらの作業です。

「さあ、次はこっちです」

醸造タンク

先に案内されながら醸造所に案内されました。所狭しと大きな醸造タンクが30近く並んでいます(11000リットルから17500リットル)。

醸造所内は常にきれいに保たれているそうです。さらに奥に進んで行くと暗闇の中に現れたのは樽、樽、樽……の熟成庫です。両脇にはキャンティ・クラシコ用の伝統的な大樽が行儀良く並んでいます。

キャンティ・クラシコ用の大樽の先には、まるで古くからあるような小樽の熟成庫です。この熟成庫は1986年から6年間かけて3人の職人さんがつくり上げました。

実は「ここから先がワイナリーの新しい部分なのよ」と言われたとき、「えっ」と答えてしまいました。だってあまりにも古そうだったから……。本当は彼らの地形をよく活用して自然のまま残したので古い感じがしたのだそうです。

小樽の熟成庫ワイナリーの新しい部分

彼らはサンジョベーゼを中心としたワインを数種類造っていますが、伝統的な大樽を使用するのは一番ベースとなるキャンティ・クラシコのみです。それ以外のリゼルヴァ(樽の中の熟成を長くしたもの)や他の赤ワイン、白ワインの一部でさえも小樽を使っています。

ガレストロ(礫岩質)の壁この小樽の並ぶ新しい熟成庫の壁で、彼らが大事にしている畑の一つの要素であるガレストロ(礫岩質)の壁が見ることが出来ます。

この樽の先に進むとワインを造り始めた時からのワインが、部屋ごとに保管されています。自分の生まれ年のワインもちゃんととってありました(ヴィンテージは内緒です)。


1962年のワインこの保管庫ではこうもりの歓迎を受けて、こうもりと蛇の苦手なラウラさんが大騒ぎをしながら二人して逃げ出しました(笑)。

畑を見たいと言うとラウラさんはいやな顔一つせず連れて行ってくれました。歩いてみると結構遠く、「大丈夫かな」と思っていると、普段事務所で机に座って仕事をしているマーケティング担当のラウラさんは「たまには歩かなくちゃいけないのよ!」と元気いっぱいに付き合てくれました。

サロンに戻りテイスティングまでさせてもらえました。ここではブラジルからのお客様と一緒に雑談をしながらテイスティングで素敵な中庭を前にしての楽しいひと時でした。

ブラジルからのお客様スペイン語を使う人たちだったのでみんななんとかコミニケ−ションがとれたんです。不思議ですよね。違う国の人たちがイタリアのこんなに小さな町(集落!?)で同じワインを飲みながらおしゃべりするなんて。

最後に「ワイン造りで一番大切なものはなんだと思いますか?」と聞くと、

「みんな大切なことばかりだけど、畑かしら。畑にはこの土地の文化もみんなの愛情もすべてが揃っている。この土地があるからみんながここにいるから」

と答えてくれました。

きれいな畑に囲まれてすばらしいワインを造っているワイナリーの問い合わせ先は
+39-055-80590000 です。

また彼らのホームページは http://www.castellodimonsanto.it です。

 


【3】あなたの食いしん坊度、調べましょう!


■秋です。味覚の秋です

今回はちょっとお遊びを入れてみました。ガンベロ・ロッソというイタリアの食とワインの雑誌より美食家テストです。あなたの美食度レベルはどの位でしょう?

(若干、日本版にアレンジしてあります。ガンベロ・ロッソ8月号イタリア語版より抜粋)

1.一番最後に食べた食事にスパイスかハーブは使われていましたか?

A.あったかなぁ?

B.全部覚えている

C.少しあった

D.3種類は知っている

 

2.食べ物の名前が入った映画の題名をいくつ言えますか?

A.1つもいえない

B.1つ

C.2つ

D.3つ以上

 

3.食事のモットーは?

A.生きるために食う

B.そこにあるから

C.食べるのが生きる喜びだ

 

4.食卓になくてはならないものは?

A.お酒

B.パンもしくはご飯

C.デザート

D.塩

 

5.どんな人とは食事をしたくありませんか?

A.食べるのが速い人

B.食べ物におせっかいな人

C.食事の約束に遅れてくる人

D.テレビを見ながら食事をする人

 

6.どの政治家が一番美食家だと思いますか?

A.小泉首相

B.田中外相

C.石原都知事

D.西川きよし

 

7.一番好きなものは?

A.お気に入りのコックさんの最新料理本

B.几帳面なコック

C.食べ物や飲み物がたくさんあるテーブル

D.自分の料理で感動させること

 

8.食に関する名前の入った本を何冊言えますか?

A.1つもいえない

B.1つ

C.2つ

D.3つ以上

 

9.一番好きな夕飯は?

A.理想のパートナーとベットで食べる

B.何かで優勝した後の食事

C.特にない

D.最低の食事の後の食事

 

10.人が言った言葉で食べ物に関したものをいくつ覚えていますか?

A.1つもいえない

B.1つ

C.2つ

D.3つ以上

 

11.食事のおいしさ、楽しさをどこで一番感じますか?

A.心

B.細胞1つ1つで

C.胃

D.舌

 

12.「2000年にイタリア人の二人に一人は無農薬食品を選んでいた」、「ある石油会社はカスピ海のキャビアを守るために貢献している」、「モーツァルトは鶏肉がのどに詰まって死んだ」これらのいくつが本当のことだと思いますか?

A.全部うそ

B.1つ

C.2つ

D.全部

 

13.次のどれが一番表彰されるのにふさわしいと思いますか?

A.人の光り輝くすばらしい健康状態の胃は健康な心臓と同じ質である(A.S Puskin)

B.食べて、食べて。他に考えることはないのか?(Anonimo)

C.真面目に食事を取らない人は嫌いだ(O.Wilde)

D.動物を育てるのは人間が食うため。だが、知的な人間だけが食べ方を知っている(Brillat-Savarin)

 

14.どのことを一番嘆きますか?

A.有名シェフの料理を食べたことがない

B.果物を食べ過ぎたとき

C.地方の名産品をまだ料理したことがない

D.一番食べたかったものを落としてしまったとき

 

15.進歩って……

A.味を損なわなければ良いことだ

B.くだらない

C.伝統的食文化を失うこと

D.食文化に関してはなんとも言えない

 

16.郊外にある有名店をいくついえますか?

A.1つもいえない

B.1つ

C.2つ

D.3つ以上

 

17.どの位、文学や食文化のテレビ番組に時間を費やしますか?

A.月に1時間以下

B.月に1時間以上

C.1週間に1時間以下

D.1週間に1時間以上

 

18.普段どこで食料品や飲料を買いますか?

A.最初から当てにしていた店

B.偶然見つけた店

C.特売中の店

D.探してでも質、価格が一番良いところ

 

19.「美食学とは人間に栄養素を与えるということに関連した認識である」

A.そんなに知的なものではない

B.誰がそんなこといったんだ?

C.よく言った!

D.どういう意味?

 

20.「キュラソー(Curacao)とはイワナシの青いリキュールだ」、「牛肉のまくらという部分は牛のくるぶしの近くの肉のことだ」、「ザバイオーネ(イタリアのデザートの一種)はフランスのサバヨン(Sabajon)が由来している」、さて間違いはいくつあるでしょう?

A.全部正しい

B.1つ

C.2つ

D.全部間違い

さて、それでは点数をつけてみましょう。

次のとおりに点数を計算してみてください。

A

B

C

D

1

0

3

1

2

2

0

1

2

3

3

0

1

2

3

4

2

0

1

3

5

2

0

3

1

6

2

2

2

2

7

1

3

0

2

8

0

1

2

3

9

3

2

0

1

10

0

2

3

1

11

2

3

0

1

12

0

2

3

1

13

1

0

2

3

14

1

0

2

3

15

2

0

1

3

16

0

2

3

1

17

0

1

2

3

18

3

0

1

2

19

2

1

3

0

20

0

2

3

1

■結果発表!

設問6はどれを選んでも2点になっています。また設問10はエピクロスという哲学者の質問です。

設問12のモーツァルトの死因はいずれにせよ鶏肉がのどに詰まったのではないようです。豚のステーキの食べすぎとか。

設問20はキュラソーはオレンジを原料に作られるので青くはなりません。また、ザバイオーネは設問が逆でイタリアからフランスに渡ったのです。


<1>.0点から15点(フォークレベル0): まるで美食家とはいえません。

何かが上手く行っていないんじゃないでしょうか? いつテストしましたか? 酔っ払っていたり落ち着きを無くしていませんでしたか?

残念ながらあなたは美食家もしくは食いしん坊とはとてもいえません。どうやらあなたの食生活は質より量のようです。

 

<2>.16点から30点(フォークレベル1): ちょっとした美食家

明らかにあなたは大食漢です。しかも美食家となる多大なる可能性を秘めています。ひょっとしたらもうあなたはすでにグルマン(フランス語でグルメまではいかない人)なのかもしれません。

もし探していた調味料なんかが見つかったら有頂天になりませんか? でも、まだあなたは自分で料理をすることに楽しみは感じませんね。どちらかと言うと流行りのレストランに食事を行くほうが好きですね! でもこれじゃ、美食家、本当の食いしん坊とはいえません。

 

<3>.31点から45点(フォークレベル2): かなりの食いしん坊

情熱が少し足りないようです。あなたは肥えた舌を使うという習慣で食事を楽しんでいます。でも、そんなあなたはすでにグルメと呼んでいいでしょう。しかも料理も上手です。

食べたり飲んだりすることは、あなたにとって決して空腹を満たすというだけの満足を得ることでは有りません。いろいろなことを知っているあなたは、今度はそれを使っていろいろ試してみましょう。

 

<4>.45点から60点(フォークレベル3): 美食家かつかなりの食いしん坊

あなたにはこんな評価じゃ物足りません。いつも何かを口に運ぶ時、最高の経験を味わっていますね! あなたはもうすでにすっかり美食家で食いしん坊です。さあ、すぐに美食家コンテストに参加しましょう!

そんなあなたに残された課題は、好みの味は確かに見極められますが、それだけで満足していてはいけません。その好みの味をいかに人生の中に溶け込ませていくかを考えましょう。

あなたは極端に好き嫌いがあります。本当の喜びとは自然とのハーモニーの中にあるのです。さあ、時間を無駄にせず人生を食事とともに謳歌しましょう!

 


【4】フィレンツェより街のトピックス


■イタリアから祭り情報

さすがイタリア、ラテンの祭り好き。こんな「祭りまで?!」というようなものまであります。そして先月に続き「祭り情報第2弾」です。10月中にイタリア旅行考え中のあなた。ひとつ、村おこしの祭りに行ってみてはいかがですか?

注1:問い合わせの番号はすべて国番号39が省略されています。
注2:すべての祭りが大規模とは限らず、ただの村おこしの場合もあるので注意しましょう。

街名

県名

日時

イタリア祭り名

日本名

問い合わせ

カステレッロ

ピエモンテ州アスティ

10月1日から7日

Sagra della nocciola
サグラ・デッラ・ノッチョーラ

ヘーゼルナッツ祭り

0141-530357

グアルディスタッロ

トスカーナ州ピサ

10月7日

Sagra del polenta
サグラ・デル・ポレンタ

ポレンタ祭り

0586-65151

ヴィニャーレ・モンフェラート

ピエモンテ州アレッサンドリア

10月 7日

Vendemia nel Monferrato
ヴェンデミア・ネル・モンフェッラート

モンフェッラートの収穫

0142-933001

ロヴァート

ヴェネト集ブレーシャ

10月 7日

Mostra mercato del Franciacorta DOC
モストラ・メルカート・デル・モンフェッラート・DOC

フランチャコルタDOC市

030-77131

ブーティ

トスカーナ州ピサ

10月 7日

Sagra del Castagna
サグラ・デル・カスターニャ

栗祭り

800-424601

ヴィチェンツァ

ヴェネト州ヴィチェンツァ

10月7日から14日

Tutti segreti della Grappa
テゥッティ・セグレーティ・デッラ・グラッパ

グラッパの秘密

0444-994750

ヴァルブローナ

ロンバルディーア州コモ

10月 14日

Sagra del Castagna
サグラ・デル・カスターニャ

栗祭り

031-661176

ルッカ

トスカーナ州ルッカ

10月14日 /31日

I funghi nella cucina lucchese
イ・フンギ・ネッラ・クチーナ・ルケーゼ

ルッカ料理のきのこ達

0583-492866

グッビオ

ウンブリア州ペルージャ

10月14 日 /31日

Mostra mercato del tartufo bianco
モストラ・メルカート・デル・タルテゥーフォ・ビアンコ

白トリュフ市

0755-736458

フラスカティ

ラツィオ州フラスカティ

10月20日 /21日

Festa della cortesia di fine vendemmia
フェスタ・デッラ・コルテジーア・ディ・ヴェンデミア

おかげさまで収穫終了祭り

06-9420331

モンタルチーノ

トスカーナ州モンタルチーノ

10月 21日

Sagra del tordo
サグラ・デル・トルド

ツグミ祭り

0577-42209

 

■ちょっとだけ2001年セリエA情報

フィオレンティーナが倒産しかけたり、中田選手がローマからパルマへ移籍したりと、オフシーズンもイタリアを賑わせていたサッカー・セリエAが開幕しています。

イタリア国内の今年の前評判はユベントスが戦力ナンバーワンという見方。

中田選手の見方は世論の3%が力を発揮できるチームに移動したとしています。この日曜日、前評判ナンバーワンのユベントスが選手放出、セリエB落ちかとまで言われている我らがフィオレンティーナに負け、中田選手のパルマが初黒星を挙げてしまうなど波乱万丈のイタリア・サッカーになっています。

今年は例年にないほど荒れ狂いそうなセリエAです。

(昨日のブレーシャ戦で中田選手は今季初得点、初勝利しました! 9月24日)

 

■アメリカ同時テロの影響

アメリカの同時テロ事件により、次の標的はイタリア国内ではフィレンツェも名前が挙げられるほどになっています。たくさんの観光客やキリスト教の信者が集まるところは次の標的になりうるというわけで、他にローマのコロッセオ、ミラノのドゥモなどが挙げられています。

テレビではクイズ番組などの間のニュースやサッカーの試合の前に黙祷がささげられたりとか、なんともやるせない状況になっています。

ここイタリアだけでなく全世界でこれ以上無益な血が流れないことを祈りつつ、亡くなった方のご冥福を祈りしたいと思います。

 

■ミラノ観光予定の方に!

・光の採点!?

イタリア旅行をしたことのある方なら、夕食を終えて帰り道、ライトアップされた建物や広場に目が止まったことは少なからずあると思います。

ミラノ市では今世紀に入ってイルミネーションのプロジェクトが展開され、夜の街に昼間とは違ったあたらしい発見をする楽しみができました。

中心街でもっとも目に付きやすいのは、スフォルチェスコ城、中央駅と駅前広場のモニュメント、そして休祝日にライトが増加される大聖堂などですが、残念なことにこれらの評判が、市民にはあまりいいとは言えないのです。

「カドルナ駅広場」、改修作業を終えた「スカラ広場」などは誰の目から見てもちょっとがっかりな出来栄え……。

スフォルチェスコ城は白熱灯だけだととってもきれいなのに両端を黄色と青のライトがグルグル回ってしまったり、ちょっと面白い作品だと思っている中央駅前広場のモニュメントはその大きなサイズのせいで正面大通りからの肝心の駅舎の眺めを覆い隠して、ムッソリーニ設計の建築を台無しにしてしまっている。

ちなみにこのモニュメントについては移転計画まで持ち上がっているほど。

なんだか少しネガティブに受け取られてしまうかもしれないけれど、これはあくまでもミラノ市民の一般論。正面からみるスフォルチェスコ城は見るとホッとさせる雰囲気を持っていたりと、要は好みの問題なのですから。

秋の夜長のお散歩で見つけるこんな光の祭典を、ぜひあなたの目で採点してみてくださいね。

 

・これは逃すな! 展覧会情報

【ヴェネツィア国際美術展】

6月から始まった2年に1度ヴェネツィアで開催される国際美術展が話題です。今年のテーマは「娼婦」。国内外の現代作家が集まって、パフォーマンスと呼ぶのがふさわしいほど大がかりなものまでいろいろです。全てを見て回るのに最低でも半日以上は必要でしょうが、中世の時代に酔った頭を現代美術でリフレッシュさせるのも面白い趣向かもしれません。11月4日まで。

 

【ピカソ展(ミラノ)】

200点の展示とともに、かつて無い大きな規模で9月よりはじまったピカソ展。大人気のため予約制で、それも1週間先までいっぱいだったりと大盛況です。ドゥオモの真横、レアーレ宮殿が会場のため場所もわかりやすいので、時間を作ってぜひ見てみてください。来年1月27日まで。

国外からの予約はこちら。
http://www.incomingpartners.it

 


【5】ソムリエ協会で勉強すること


今回から少しイタリア流の料理合わせのことを書いていきましょう。今回はその予告編です。

どこの国の料理合わせの方法は同じです。

横田は頭の中で渋みが強いから油っぽいもの、素材も味付けも淡白だから白ワインなんて簡単に考えていました。

が、しかし! イタリアではとっても系統立てられていて、本当にこんなことまで考えて料理合わせしているのかな? なんて思うほどなのです。特にいい加減なイタリア人だから、考えながらやっているのかな? という思いのほうが強かったように思います。

 

■今回は予告編ですので簡単に説明を……

少し専門的になりますが、相性を考えるときに必要となるワインの構成要素は

1.香りの強さ

2.酸味

3.発泡性かミネラル分

4.渋み

5.アルコール度

6.甘さ、もしくは滑らさ

 

一方料理の構成要素は

1.料理の香りの高さもしくはスパイスやハーブの強さ

2.塩気、苦味、甘味、酸味の強さ

3.料理に使われる油の量

4.食材のもつ甘さ

5.食材のもつ脂肪分、食材のもつ水分量

です。

これらがどのように対応していくかを考えるのがこちらで習う料理合わせです。

次回から、少しづつ説明していこうと思います。お楽しみに。

 


【あとがき】

冒頭にも書きましたが、お日さまの出ている日中は比較的暖かく、外でのワイン試飲会なんかはピクニック気分でとても気持ちが良いです。

でもいったんお日さまがかげってしまうと、セーター無しでは寒いくらい。ついに冬物を出して陰干しまでしてしまいました。

ここ数年の経験からすると、この陰干しをするのはいつもより2週間くらい早いようです。今年の冬は長そうです。

冬が長いと、よく食べて、よく飲んで、よく寝て、そしてぶくぶくと……。

食事は楽しくするのが一番ですよね。それでは、また来月。

チャオ!!

送料無料
会員だけの特典いっぱい!

▼マイページログインはこちら▼

メールアドレス(会員ID)
パスワード※お忘れの方はこちら
会員特典
送料について
お支払い方法
保管方法
注文の仕方
メールマガジンご登録はこちら
検索

地域

タイプ

Vt

価格範囲

キーワード

ギフト特集
ルロワ
マルセル・ダイス
ドメーヌ・ルフレーヴ
オレンジワイン
デイリーワインセット
飲み頃ワイン
シャブリ
ヴォーヌロマネ

イーエックス・ワインについて

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)は、バーガンディ株式会社が運営するオンラインショッピングサイトです。

会社概要
通信販売法に基づく表示

バーガンディ株式会社
〒135-0034
東京都江東区永代2-8-6
TEL:03-5875-8852
FAX:03-3643-6987

お問い合わせフォーム

個人情報の取扱について

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)では、お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるよう、お客様の個人情報の取扱に細心の注意を払っております。

個人情報保護方針
個人情報保護の取り組み

お支払い方法について

以下よりお選びいただけます。

代金引換払い
クレジットカード払い
お支払い方法について
後払い(コンビニ)
コンビニ払い(先払い)
銀行振り込み(先払い)
お支払い方法について

セキュリティについて

個人情報の保護のため、万全のセキュリティ体制を整えております。セキュリティへの取り組みをご理解いただき、安全にインターネットショッピングをお楽しみください。

お届け時間について

お届け時間指定を下記よりお選びいただけます。時間指定をご希望の方はご利用ください。

お届けについて

「代金引換払い(代引き)」「後払い」を除き、ご決済(ご入金)確認後の発送とさせていただいております。予めご了承下さいませ。

送料について
facebook

カスタマーサポートお問い合わせ会社概要サイトマップ

Copyright(C)eX-WINE.All Rights Reserved.