ワインショップ、イーエックス[eX-WINE]は、アメリカ、ナパ・ヴァレーのフロッグス・リープの「通信販売」と「情報発信」をするサイトです。

AM10時までのご注文・ご入金で即日発送いたします!

カートを見る
ワイン・ショップ、イーエックス

ワイン・ショップ、イーエックス > ワインコラム > フロム・ザ・ヴィンヤード > アメリカ、ナパ・ヴァレーのフロッグス・リープ

おすすめワイン特集

月例ワインセット

毎月第一水曜日更新!
ソムリエ厳選ワインセット

上半期ランキング

人気ワインをカテゴリー別に
ランキングで発表!

品種別ワインセット

ソムリエ資格試験対策に最適
情野ソムリエの模範解答付き

イーエックス厳選セット

イーエックスで大人気の
オリジナルワインセットが勢揃い!

ボジョレー予約受付中

解禁日当日にお届け!
先行予約受付中です

スパークリング特集

とことん美味しさにこだわった
スパークリングワインが大集合!

デイリーワイン特集

毎日飲むから美味しくないと!
2,000円以下のワインを厳選

贅沢ワイン

贅沢なひとときを演出する
特別なワイン

一万円以下の特級

1万円以下で買える
特級ワインを厳選しました

シャンパーニュ特集

世界中で愛される、
世界で最も華やかな飲み物

ワインギフト

ご贈答にぴったりなワインを
イーエックスが厳選しました

ワイン生産者特集

情熱を持って美味しいワイン
を造る 生産者たち

ワインコラム

プロたちが集結した
イーエックスのワインコラム

ワインランキング
ワインランキング第1位
ワインランキング第2位
ワインランキング第3位

フロム・ザ・ヴィンヤード

第16回 アメリカ、ナパ・ヴァレーのフロッグス・リープ

フロッグス・リープ

 

■シンボルマークはカエル

シンボルマークはカエルフロッグスリープワイナリーの近くに行くと、まず目に入るのが赤いレンガ色の建物と、屋根にそびえるカエルのマーク。風見鶏をカエルの形にしたものが屋根の上からワイナリーを見守る形で取り付けられています。このカエルはワイナリーのいたるところに現れ、訪問する人を歓迎してくれます。


彼らがワイナリーを設立した場所は、もともとカエルの養殖場だったということからついた「フロッグスリープ」という変わった名前。1981年からの歴史はカエルとともに歩んできました。

1994年にはラザフォードにあった荒廃しきっていた古いバーン(納屋)を改造し、ワイナリーとして改築しました。

ジョン・ウィリアムズ氏カエルの次に迎えてくれるのはオーナー、ジョン・ウィリアムズ氏。「ジョン」と呼びやすい、とても人懐こい笑顔にほっとします。

「まずは畑にいきましょう」


一番に畑を案内してくれるようです一番に畑を案内してくれるようです。畑を最重要視しているオーナーの姿勢が伝わり、ワクワク度が一気に増します。


 

■フィロキセラでやられていた畑を復活させました

「1994年に買ったこの畑は、ほとんどがフィロキセラにやられていた。近代的な農法で肥料を与えすぎたり、除草剤や多くの化学薬品によって畑が死んでしまっていたことも原因だと思う」とは、畑への愛情を感じさせるジョンの言葉。

フィロキセラでやられていた畑を復活させました彼らは弱りきっていた畑に自然農法を取り入れることでぶどう木を復活させました。取り付けてあったイリゲーション(灌漑)のパイプも全て外し、自然の降水だけで賄っています。

フィロキセラにやられてしまった木も、植え替えるのではなく、『復活』させたんです。


まず50cmの深さまでカチカチに固くなった畑を掘り起こし、土の中に酸素を送り込み多種類のカバークロップ(下草)を植え、春にその草を刈って地面に取り込みます。これによって地中の微生物が活性化され、有機物を増やしてくれる、という理論だそうです。

地面の深いところまで根がおり、そして栄養分のある自然の水を吸収させるために、灌漑を行わないとのこと。なるほど。ぶどう木自身の生命力を強めるわけですね。

 

■ワインの中にその土壌の、土の感じが入っていませんか?

自然の肥料。土が作ってくれた肥料「白いつぶつぶがついているの、見えますか? これが自然の肥料。土が作ってくれた肥料です。これが窒素を補ってくれる。ここにバクテリアがついているわけです」

ジョンはほこほこの土をスコップですくって見せてくれました。


「このバクテリアが空気中の窒素を吸い、これを草の中に戻してくれる。自然はこんな風に自分たちでお互いの面倒をみてくれるんです」

もう、土までもがいとおしくてしょうがないと言わんばかりのジョン。土の匂いを嗅ぐととてもいいにおいがするんですね。

ジョンは、根っからのファーマー。麦藁帽子をかぶって、長靴で畑を歩き回る姿が本当に地に付いています。土の匂いを嗅がせてもらったとき、「この人、本当に土の上に生きてるんだな」って思いました。

 

■カリフォルニアの歴史はフィロキセラとともに

ジョンは「フィロキセラはカリフォルニア産」説に否定的です。

「ひとつ覚えておいて欲しい、カリフォルニアにはフィロキセラはなかった。もともとの原産はアメリカの南東部で、大量のアメリカ人が東海岸からここまで始めてきたのは1848、1849年のゴールドラッシュの頃で、それまでここにはインデアンしか住んでいなかった」

カリフォルニアの歴史はフィロキセラとともに「可能性として考えられるのは、ワゴン車に乗った土が東海岸から運ばれたというケース。でもそれよりももっと高い可能性と考えられるのが、ヨーロッパから苗木を持ってきた、その事実。かなりの量が国内に持ち込まれたことで、その苗木についていたという説の方が可能性が高いんです」


1864年。ヨーロッパはフィロキセラという小さなアブラムシによって全土の畑が全滅し、ぶどう木は全て枯れた……。ワインの歴史には大きな出来事ですね。

そのときにフィロキセラから逃げるようにワイン生産者は世界各国に移動し、また、今までワインを造っていなかった土地でもぶどう畑を開墾するという動きが活発になりました。それはナパヴァレーでも同じこと。ナパにもどんどんと新しいワイナリーが出来、そのワインがヨーロッパへ輸出されていたそうです。

当時、ワインが不足していたヨーロッパの人たちは、多くのカリフォルニアワインを消費していたとのこと。

その後、本格的にフランスやイタリアの生産者が次々と、ぶどうの苗木を持って移民してきました。そのヴィニフェラ種の苗木にフィロキセラが付いていた、そしてそこから今度はナパヴァレー、カリフォルニアへの被害が広がっていった、とジョンは言います。

 

■ワイン産業の歴史を、ほんの少しだけ

ここで少しカリフォルニア(というより、アメリカ全土ですね)のワイン産業の歴史をおさらいしましょう。

1864年のヨーロッパ全滅に次いで、1880年から1890年代にフィロキセラ渦が広がったカリフォルニア。畑がバタバタとやられていきました。

じきにフィロキセラに耐性のある台木を使う対応策が生み出され、その後ヨーロッパでもワイン産業が復活し、消費量に対して生産量が追いついてくると、今度はカリフォルニアに打撃がきます。輸出ブームに乗り切っていたカリフォルニアは儲けが出ないどころか、ワインが売れなくなりました。

そんなことを繰り返しているうちに、今度はアメリカのワイン産業を一気に崩壊させる「禁酒法」が発令されます(1919年)。これは「商業を目的としたアルコール飲料の生産と販売を一切禁止する」という、信じられないほどひどい条例。

特例として許されていたミサ用のワインを造って細々と生き延びたワイナリーもありましたが、再度本格的なワイン産業が復興したのは1960年代のこと。長く、静かな時間があったわけです。

「ナパヴァレーは復興からまだ30年しか経っていませんが、僕たち、ここに集まってきた人たちの情熱と言うか……。土壌に関しても気候に関してもみんな一生懸命研究を重ねました。情熱が高い品質のワインを生み出すことを実現してくれたと思っています」

ジョンは胸をはって、そう言ってくれました。

 

■フロッグスリープのオーガニック栽培方法とは

1980年後半に、またフィロキセラがカリフォルニアを襲います。今度は「タイプB」といって、新しい種類のフィロキセラ。今までよしとされて使ってきたAXR1という台木が全く役に立たなくなりました。

1990年代にわたって、カリフォルニアではほとんどのワイナリーが多大な経費をかけて植え替えを行った事実に対し、ジョンは

「フロッグスリープのこの畑では植え替えをせずにそのままぶどうの木を残し、オーガニック栽培をすることでフィロキセラから復活させました」

と話してくれました。オーガニックにはそれだけの力がある、と言うのです。

「現代の農業は化学薬品、除草剤を撒くことによってここにある青いもの全てを取り除きます。それはつまり、雑草というものを全部取り除いてしまうことになります」

「土の中にいる微生物が自然の肥料を消化し、栄養分を土の中に戻してくれます。雑草の役割はそこにあります。化学薬品や除草剤を撒くということは、そういったものを全部排除してしまうことに繋がります」

オーガニック栽培に啓蒙の深い彼はさらに深く語ってくれます。

オーガニック栽培「オーガニック(有機)栽培という面で、僕は肥料や土壌のことを考えるけれど、もうひとつコンセプトを広げて、自然農法の考え方も取り入れる。それは肥料や土壌だけではなく、例えば自分の、ここで働く人たちの家がちゃんとあるか、トラクターはどれくらいガソリンを使うか、自然環境の汚染状態はどうか……。そういったことも全て考慮した上で進める方法です。英語ではサスティナブル・アグリカルチャー(環境保全型農法)といい、それとオーガニック農法を組み合わせています」


サスティナブル・アグリカルチャー話をうかがっていると、オーガニック農法に人間や自然環境の汚染状態も考慮したサスティナブル・アグリカルチャーを取り入れ、さらにこれから宇宙全体のことを考えたバイオダイナミクスも取り入れようとしていることも伝わってきました。


これからがとても楽しみで目の離せないフロッグスリープです。なんといってもジョンのすばらしいフィロソフィーと人間性が、これからすばらしいカリフォルニアワインを背負ってくれるのではないかと期待しています。

 

■オマケのお話《1》 風水と禅

自然農法、オーガニック、バイオダイナミック……。なんだかどんどんエスカレートしているような感じも受けましたが、彼はもうひとつ凝っているモノがあり、私たちを驚かせてくれました。なんとそれは、風水。

ワイナリーに新しくできた樽熟成セラーワイナリーに新しくできた樽熟成セラーはちゃんと方向を考えて建てられたとか。スピリチュアルな世界に全身で体当たりするジョンは、『禅』にも詳しいんです。このあたりは私も彼のワインに感じるところがあります。


 

■オマケのお話《2》 バスケットボール・ゴール

一通りセラーの案内をして下さると、最後にワインセラーの入口にまた戻ります。何かと思うと、壁にはバスケットボールのゴールが2つついています。

「うちに来た人はここにシュートしてもらわないとね」と言ってボールを渡されました。

バスケットボール・ゴールまかせてよ、これでもテニスの選手だったんだから! と、張り切ってみたものの、残念。外してしまいました。カエルのように身軽に跳ばなくちゃダメなんですね。


次に訪問したときは絶対に決めるぞ!次に訪問したときは絶対に決めるぞ! と心に誓ったフロッグスリープ訪問でした。


 

送料無料
会員だけの特典いっぱい!

▼マイページログインはこちら▼

メールアドレス(会員ID)
パスワード※お忘れの方はこちら
会員特典
送料について
お支払い方法
保管方法
注文の仕方
メールマガジンご登録はこちら
検索

地域

タイプ

Vt

価格範囲

キーワード

ギフト特集
ルロワ
マルセル・ダイス
ドメーヌ・ルフレーヴ
オレンジワイン
デイリーワインセット
飲み頃ワイン
シャブリ
ヴォーヌロマネ

イーエックス・ワインについて

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)は、バーガンディ株式会社が運営するオンラインショッピングサイトです。

会社概要
通信販売法に基づく表示

バーガンディ株式会社
〒135-0034
東京都江東区永代2-8-6
TEL:03-5875-8852
FAX:03-3643-6987

お問い合わせフォーム

個人情報の取扱について

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)では、お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるよう、お客様の個人情報の取扱に細心の注意を払っております。

個人情報保護方針
個人情報保護の取り組み

お支払い方法について

以下よりお選びいただけます。

代金引換払い
クレジットカード払い
お支払い方法について
後払い(コンビニ)
コンビニ払い(先払い)
銀行振り込み(先払い)
お支払い方法について

セキュリティについて

個人情報の保護のため、万全のセキュリティ体制を整えております。セキュリティへの取り組みをご理解いただき、安全にインターネットショッピングをお楽しみください。

お届け時間について

お届け時間指定を下記よりお選びいただけます。時間指定をご希望の方はご利用ください。

お届けについて

「代金引換払い(代引き)」「後払い」を除き、ご決済(ご入金)確認後の発送とさせていただいております。予めご了承下さいませ。

送料について
facebook

カスタマーサポートお問い合わせ会社概要サイトマップ

Copyright(C)eX-WINE.All Rights Reserved.