ワインショップ、イーエックス[eX-WINE]は、目が離せないロワールの3生産者の「通信販売」と「情報発信」をするサイトです。

AM10時までのご注文・ご入金で即日発送いたします!

カートを見る
おすすめワイン特集

月例ワインセット

毎月第一水曜日更新!
ソムリエ厳選ワインセット

上半期ランキング

人気ワインをカテゴリー別に
ランキングで発表!

品種別ワインセット

ソムリエ資格試験対策に最適
情野ソムリエの模範解答付き

イーエックス厳選セット

イーエックスで大人気の
オリジナルワインセットが勢揃い!

ボジョレー予約受付中

解禁日当日にお届け!
先行予約受付中です

スパークリング特集

とことん美味しさにこだわった
スパークリングワインが大集合!

デイリーワイン特集

毎日飲むから美味しくないと!
2,000円以下のワインを厳選

贅沢ワイン

贅沢なひとときを演出する
特別なワイン

一万円以下の特級

1万円以下で買える
特級ワインを厳選しました

シャンパーニュ特集

世界中で愛される、
世界で最も華やかな飲み物

ワインギフト

ご贈答にぴったりなワインを
イーエックスが厳選しました

ワイン生産者特集

情熱を持って美味しいワイン
を造る 生産者たち

ワインコラム

プロたちが集結した
イーエックスのワインコラム

ワインランキング
ワインランキング第1位
ワインランキング第2位
ワインランキング第3位

フロム・ザ・ヴィンヤード

第13回 目が離せないロワールの3生産者

目が離せないロワールの3生産者

 

以前にも同じ「ロワール」をテーマにとりあげたことがありましたが、消化不足というか、紹介不足な部分がたくさんありました。またロワールには、私が気になっている生産者たちもいます。

そこで今回はアルバム形式でロワールの3生産者をお伝えしてみようと試みることにしました!

ロワール訪問は石田博ソムリエがご一緒して下さったのですが、これから目が離せないという生産者がたくさんありました。今、イーエックスも注目しているロワールです。

 

■ダントツで「これからが楽しみ」! アルフォンス・メロ《サンセール》

歴史がとても古く、サンセールの文献に登場してくるのが1513年。ルイ14世の時代からすでにメロ家はすでにワイン造りをしていました。

現在は息子のアルフォンスさんがお父様からまかされ、彼が中心となってワイン造りを行っています。アルフォンスさんは色々なワイン造りを研究しています。より複雑性を持たせるために、澱とワインが接触する面を多く取れるようにととても長い樽を特注で作ったりと、どんどん新しい挑戦をしています。

所有する畑50ヘクタール。うち38ヘクタールはドメーヌワイン。畑で私たちを案内してくれる彼はとても誇らしそうでした。

「これぞ火打ち石!」と言われるような石がゴロゴロとあります。これはシルックルという土壌です。場所がシャブリに近いこともあるのですが、土壌もシャブリに似ています。

そのおかげなんでしょうね。アルフォンスのワインの特徴はミネラリーなことです。彼もヴェジタルなワインにならないよう気を配っていました。

アルフォンス・メロ家の入り口1513年から始まっているアルフォンス・メロ家の入り口。サンセールは平地部分の中に小高い丘があり、丘の上にメロ家があります。


アルフォンス・メロの地下セラーへの入り口アルフォンス・メロの地下セラーへの入り口。


アルフォンスさんのところに走り寄る石田さんさっそくテイスティング。コンクリートタンクから直接テイスティングさせていただきました。アルフォンスさんのところに走り寄る石田さん。


1999年サンセールを樽からサービス1999年サンセールを樽からサービス。優しそうな表情でサービスしてくださいました。


途中でお父様も駆けつけて下さいました途中でお父様も駆けつけて下さいました。石田さんに「君が世界3位の石田さん?」って感じで話をしていそう!


新樽から直接出してくれています新樽から直接出してくれています。


樽の片面が透明で中が見えるようになっています樽の片面が透明で中が見えるようになっています。まだ樽へ移したばかりで、全体がにごっています。これからだんだん澱が沈殿していきます。


特注の樽これが特注の樽。普通の樽より長く出来ています。シュール・リーをするのに、より多くの面が澱と接するようにと長く作られています。


石田さんとアルフォンスさん石田さんとアルフォンスさん。石田さんは野球、アルフォンスさんはラグビーをする2人ともスポーツマン。おふたりとも同じ年齢。


メロ家の愛犬メロ家の愛犬。家族に愛されている証拠に、私たちの前でもお腹を見せて昼寝していました。


秘蔵のセラーへ秘蔵のセラーへ。甘口のワインを飲ませてくださいました。


メロ家小高い丘の頂上の所にメロ家があります。この土壌がシルックス。石の香りをかぐとまさに火打ち石。


メロ家のご自慢の畑メロ家のご自慢の畑。ここもやはり小高い丘になってます。


オーガニックオーガニックでやっており、斜面もかなりの角度がついています。


上に伸びた枝をカット我々が行ったのが5月の半ば。ちょうど急にあたたかくなった時で、芽が急に伸び、どこの生産者も慌てて上に伸びた枝をカットしていました。


 

■バイオダイナミクスで注目されるクロ・ルジェアール《ソミュール・シャンピニー》

シャンボール城から車で30分のところに位置しています。昼食を済ませ、午後一番の訪問でした。

田園風景が広がるソミュールの村に似合わない大型バスで、看板が出ていないクロ・ルジェアールを探すためにぐるぐる回ってやっとの思いで見つけました。一瞬強面のオーナーに緊張する私と石田さん。

ところが私たちと一緒だった自由ヶ丘ワインスクールの生徒さんたちの熱心さに、クロ・ルジェアールさんの強面からもだんだんと笑顔や冗談が出たりするようになりました。思わず石田さんと顔を見合わせてほっと胸をなでおろします。

それにしてもワインと、彼のフィロソフィーの素晴らしさにすっかり引き込まれてしまいました。最後にはすっかり意気投合して記念撮影。

クレ・ルジェアールのセラーの入口クレ・ルジェアールのセラーの入口。歌手のフレディ・マーキュリーにそっくり。石田さんと緊張しながら、まずはセラーの中へ。


セラーセラーに入ると壁にコインがいっぱい埋め込まれています。「僕は銀行を信用していないからこうして壁にコインを埋め込んでおくんだ」とのこと(笑)。写真を見て気がついたのですが、奥の方にはピュピトルが。このときは気がつきませんでした。ということはスパークリングも造ってるんですね。


樽からテイスティングセラーで樽からテイスティング。まだ緊張しながらのテイスティング。しかしワインの素晴らしさに感動し、それがクロ・ルジェアールさんに伝わり、だんだん場が和んできました。


石田さんとクロ・ルジェアールさん真剣な石田さんとクロ・ルジェアールさんのやりとり。


クロ・ルジェアールさんまだまだメンバーに緊張が走っています。ノートをとる人、ビデオを撮る人。クロ・ルジェアールさんも淡々とワインを抜栓しています。


彫刻とても信心深い方でセラーのいたるところにこういった彫刻が彫られています。


一緒に写真を最後にはこんなにやさしそうな表情で一緒に写真をとってくださいました。最初のときの表情とはまったく違います。これが本当の、心優しいクロ・ルジェアールさんなんですね。何より自然を大切にし、バイオダイナミクスで挑戦しています。


心優しいクロ・ルジェアールさん


 

■ペトリュスと肩を並べたクロ・ド・レコーのキュヴェ・クレッシェンド《シノン》

シノンというアペラシオンは、ヴィエンヌ川を挟んだ2つの丘と、川が合流する三角州状の砂州の3つのエリアに分かれています。

川沿いでは砂や砂利の土壌で、カジュアルなタイプのシノンが造られ、街の周辺にある粘土けい土質の土壌から全体的にしっかりとした構成のシノンが造られます。

このクーリー・デュテイユはというと、粘土石灰質土壌を持つプラトー(台地)で造られ、バランスがしっかり取れた、長期熟成型のシノンが生み出されます。ここはシノン城のすぐ近くにあり、川からも近く、日当たりの良い斜面にある石灰質の混じった土壌にぶどうが植えられています。

「クロ・ド・レコー」という畑名は「こだまの囲い」を意味しているそうです。シノン城のすぐ近くに畑があり、この畑で働いていると声がシノン城の壁に跳ね返ってこだまするのでこの名前がつけらました。

クーリー・デュティユは、あのシャトー・ペトリュス(ポムロール地区)とオーナー同士が親戚関係にあります。そこでボルドーで開催されたグランヴァンのブラインドテイスティングで、ボルドーワインの中にシノンの特別キュヴェ「クレッシェンド」を忍ばせたんだそうです。

結果……

1位 シャトー・ペトリュス
2位 シャトー・マルゴー
3位 クロ・ド・レコー・クレッシェンド!

そんなことをうかがってからのテイスティングだったこともあり、最高に美味しく、ヴェジタルさを感じさせない、凝縮感のあるシノンでした。

クーリーデュテイユシノン城の石切り場だったところをワインセラーにもつクーリーデュテイユ。ジャンヌ・ダルクがシャルル7世に神のお告げを伝えた場所であるシノン城をバックに。


クーリー・デュティユの事務所 倉庫

クーリー・デュティユの事務所

倉庫

セラーの中の黒いかびがついたボトルセラーの中の黒いかびがついたボトル。ここのセラーはシノン城の石切り場になっており、石を切り出した洞口の所をワインセラーに使っています。


発酵槽と樽の熟成庫発酵槽と樽の熟成庫。


テイスティングルームここでもテイスティングができるようになっていますがまっ暗……。一応、テイスティングルームになっています。


テイスティングルーム現在の超モダンなティスティングルーム。対象的です。


円形のテーブルのまん中でサービスを円形のテーブルのまん中でサービスをしてくれる彼もワインを造っています。


テイスティング説明を聞きながら真剣なテイスティング。


テイスティングさせてくれたアイテムテイスティングさせてくれたアイテムたち。


クロ・ド・レコークロ・ド・レコー。片方がペトリュース、シャトーマルゴーと肩をならべた「クレッシェンド」


ワインの醸造や畑でぶどうをつくっている人たちここはワインの醸造や畑でぶどうをつくっている人たちがとにかく若い人たちです。ここに写っている人たちが実際のワイン造りに携わっています。


 

■あとがき

アンジェに拠点を置き、そこから毎日ロワール河に沿って何度も往復をしました。憧れのロワールの位置関係をしっかりと刻み付けたいと思ってです。

ロワール河にそびえたつ数々のすばらしい城、そしてそこに根づく風土や文化、気候、そして位置関係。しっかりと頭の中に入ってきました。

今回の訪問先である、アルフォンス・メロ、クロ・ルジェアール、クーリー・デュテイユ、どこにも共通点がありました。

私が訪問した生産者は、ソーヴィニヨン・ブラン種やカベルネ・フラン種などのヴェジタルの部分をなくし、フルーツの部分を出すことによって、本来の品種の良さが出せると考えていました。そこのところに重点をおいていることを実際に体感しました。

こういった生産者がロワールに急増しており、今後のロワールに目がはなせなくなりそうな旅になりました。

 

送料無料
会員だけの特典いっぱい!

▼マイページログインはこちら▼

メールアドレス(会員ID)
パスワード※お忘れの方はこちら
会員特典
送料について
お支払い方法
保管方法
注文の仕方
メールマガジンご登録はこちら
検索

地域

タイプ

Vt

価格範囲

キーワード

ギフト特集
ルロワ
マルセル・ダイス
ドメーヌ・ルフレーヴ
オレンジワイン
デイリーワインセット
飲み頃ワイン
シャブリ
ヴォーヌロマネ

イーエックス・ワインについて

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)は、バーガンディ株式会社が運営するオンラインショッピングサイトです。

会社概要
通信販売法に基づく表示

バーガンディ株式会社
〒135-0034
東京都江東区永代2-8-6
TEL:03-5875-8852
FAX:03-3643-6987

お問い合わせフォーム

個人情報の取扱について

当サイト(ワイン・ショップ、イーエックス)では、お客様に安心してお買い物を楽しんでいただけるよう、お客様の個人情報の取扱に細心の注意を払っております。

個人情報保護方針
個人情報保護の取り組み

お支払い方法について

以下よりお選びいただけます。

代金引換払い
クレジットカード払い
お支払い方法について
後払い(コンビニ)
コンビニ払い(先払い)
銀行振り込み(先払い)
お支払い方法について

セキュリティについて

個人情報の保護のため、万全のセキュリティ体制を整えております。セキュリティへの取り組みをご理解いただき、安全にインターネットショッピングをお楽しみください。

お届け時間について

お届け時間指定を下記よりお選びいただけます。時間指定をご希望の方はご利用ください。

お届けについて

「代金引換払い(代引き)」「後払い」を除き、ご決済(ご入金)確認後の発送とさせていただいております。予めご了承下さいませ。

送料について
facebook

カスタマーサポートお問い合わせ会社概要サイトマップ

Copyright(C)eX-WINE.All Rights Reserved.